太平老街(雲林県)

台湾に残る古い町並みの中でも、斗六にある太平老街は、古い建物が多く残っています。台湾で一番長い老街とのことで、日本統治時代に建てられた建物の街並みの長さは600メートルもあるそうです。現在も店舗として使われる建物も多いので昔の名残が多く残る老街です。

斗六の駅前通りよりも、この老街周辺のほうが気になるお店が色々あるように思います。
美味しそうな、台湾料理店や古い建物をリノベーションした美容室、古い建築物が好きな人にはオススメのスポットなので、斗六へ観光の時はぜひ、太平老街を回ってみてくださいね。

【太平老街(雲林県)】

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です